いかさまゴキブリ 和訳付き輸入版

順番にカードを出し、手札を最初に無くした人が勝ちという単純なゲームです。ところが、恐ろしいルールが入っています。

出したくても合法的に出せないカードがある。
気づかれなければ、カードをどこかに捨てるか隠してもよい。
カードには1〜5の数字が書かれています。出せるカードは前の人が出したカードに描かれた数字より1大きいか小さいかのカーです。たとえば直前に3が出ていたら、2または4のカードが出せます。また、1と5はつながっていると考えるので、1の後に5を、5の後に1を出すこともできます。出せるカードがない場合は、山札から1枚補充して手番終了です。
ただし、「サギ師の蛾」(写真下段左端)のカードは、警備虫(写真下段右端)を自分の前に置いているプレーヤー以外出すことができません。アクションカード(写真上段の4種類)がプレイされると、それぞれいろいろなアクションがあるので、そのどさくさに紛れてどこかに捨てるか隠すかする必要がります。ただし、警備虫カードの持ち主に見つかって指摘されたら、隠したカードも戻し、警備虫カードのプレーヤーから手札を1枚受け取ることになります。この時に警備虫カードも受け取り、不正取締役になるのです。
手札は常にみんなに見えるようにテーブルの上で手で持っている必要があります。もちろん警備役のプレーヤーが不正を行うことはできません。
ゲームで絶対してはいけないことを合法的ルールとして行うことのできるゲームです。不正に慣れない人はドキドキします。

プレイ人数:3〜5人
プレイ時間:約15〜25分
対象年齢:7歳以上
デザイナー:Jacques Zeimet
販売価格 1,800円(内税)
購入数


Top