曼荼羅

枯山水同様「第一回東京ドイツゲーム賞」の応募作品で、枯山水と最後まで大賞を争ったゲームです。4ページのシンプルなルールの中に信じられないほどの深みがこめられています。遊び応えのあるゲーマー向けのゲームですが、ルールの煩雑さはないため、新たにゲームを遊び始めた方にも、挑戦していただけるものになっています。
プレイヤーは曼荼羅を描く絵師となり、共に1つの曼荼羅を描いていきます。毎ラウンド1枚(ゲームが終わるまでに計9枚)曼荼羅の一部をなすタイルが出てきます。プレイヤーはいくつかの駒を持っており、そのラウンドの曼荼羅タイル上の空きマスに自分の駒を置きます。ラウンド終了時には曼荼羅タイルが盤上のいずれかのスペースに置かれます。タイルが置かれた後、盤上の曼荼羅の上で、自分の置いた駒がより多く連結しているほど、より多くの点を得られます。
毎ラウンド、タイルと並行して「六道カード」と呼ばれる仏教上の苦しみの世界を表現した様々なカードがランダムに現れます。このカードに記されたマスに駒を置いたプレイヤーはそのラウンドの曼荼羅タイルの置き場所を決めたり、既に置かれたタイルを別の場所に移したり、回転させたりできます。一度上手く連結した盤上のマスも、1ラウンド後どうなるかは定かではないのです。六道の効果は強力ですが、曼荼羅自体に駒を振り分けなければ点は得られません。
手順はいたってシンプルですので、ゲーム上のほとんどの時間は、どこに駒を置くべきかを検討し、他のプレイヤーの思惑を推理する思考の時間になります。考えれば考えるほど面白いゲームですので、腰を据えて遊んでいただければ幸いです。

プレイ人数:3〜4人
プレイ時間:120分
対象年齢:12歳以上
デザイナー:麻生忠嗣
販売価格 6,160円(内税)
購入数


Top