パンドリア:商人たち 和訳付き輸入版

タイル配置ゲーム「パンドリア」が、プレイ感そのままに紙ペンゲームになりました。

プレイヤーは、架空の土地「パンドリア」において、資源の獲得と活用を行い、より高い得点を獲得することを目指します。

手番が来たら、ダイスを二つ振り、出た目に応じてボード上(シート)に資源を書き入れます。また、決算の際に資源獲得の権利を得るための労働者も書き入れます。
ある資源がほかの資源に囲まれる形になったら決算が発生します。
労働者を決算の行われた土地に隣接させていたプレイヤーは資源や得点を獲得することができます。
資源は大きな一連なりになっていればいるほど、決算が起きた際により多くの資源をもたらします。しかし、大きくなればなるほど決算が起きるタイミングが遅くなるのはいうまでもありません。しっかりとした計画性と先を見据えることを鍵となるでしょう。

獲得した資源は、特別な効果をもたらす建物やボーナス点に繋がる遺物、記念碑を獲得するために用いることができます。
ボード上から資源を得るだけでなく、その資源をうまく活用することも重要なのです。

基となった「パンドリア」に非常に近いプレイ感覚ですが、用意されたタイルの中での揺らぎだったものが、サイコロによる揺らぎに変わったことで、より決算へのアプローチが重要になったと言えます。

特殊効果のバランスや、建物を記念碑へと建て替えるタイミングの見極めなど、通好みとなるポイントも押さえられ、「紙ペンゲーム」の枠に収まらない、しっかりとした満足度の得られるタイトルになっています。

プレイ人数:1〜4人
プレイ時間:約30〜90分
対象年齢:10歳以上
デザイナー:Jeffrey D. Allers, Bernd Eisenstein
販売価格 5,500円(内税)
購入数


Top