ババンク 日本語版

「操り人形」のブルーノ・フェデュッティと「カルタヘナ」のレオ・コロヴィーニの共作です。ギャンブルをテーマとしたヒリヒリする心理戦の切れ味で、2001 年の発売以来根強い人気のある作品ですが、絶版して以来手に入らない時間が長かったため、最近ボードゲームを始めた皆さんの知名度は高くないかもしれません。ニューゲームズオーダーとしても長らく復刻を課題としてきたゲームが、ようやく発売できることとなりました。
プレイヤーはイカサマも辞さない腕利きギャンブラーとなり、巨万の富が飛び交うカジノでの勝負に臨みます。と言ってもこのゲームでは、ギャンブルゲームを直接行うわけではなく、より引いた形でギャンブルが表現されます。
中央にはカジノテーブルを表すタイルが円周上に配置され、プレイヤーはそのうち1つにポーンを置いています。ラウンドごとに各自、各テーブルでの儲けの基本金額となるチップを任意のテーブルタイルにまいていきます。次にプレイヤーが「×2」「トラップ」「ダミー」の3枚のカードをテーブルに伏せて付けます。プレイヤーが各テーブルに対し、秘密裏に罠をかけたり、儲かる金額を倍増させたりするのです。全員がカードを置き終えたら、各自自分のポーンを時計回りに動かします。狙いは「他のプレイヤーがトラップを置いていない」「できるだけ儲けの大きなテーブル」に付くこと。全員が動き終えたらカードを公開し、各自収益を得ます。自分が止まったマスに他のプレイヤーがトラップを置いていたら、もうけを全て横取りされてしまいます!ダミーカードはそれ自体何の効果も無いカードですが、他のプレイヤーへの牽制に使えるカードです。
プレイヤー同士の丁々発止の心理戦が楽しめ、頭を使うだけでなく胆力を求められる中量級の一作です。勝負は時
の運、他のプレイヤーの思惑を読み、ペースを握りましょう!


プレイ人数:3〜6人
対象年齢:12歳以上
プレイ時間:30分
販売価格 4,950円(内税)
購入数


Top