赤箱ニムト 和訳ルール付き

6ニムトの続編です。システムは似たところがありますが、趣はまったく違います。6ニムトは、運ではないが先がどうなるか分からないドキドキ感が楽しいゲームであるのに対して、赤箱ニムトはより戦略的なゲームです。出会い頭的な事故や幸運ではなく、ゲームの展開がある程度計算できます。

テーブルの中央には、何列かのカードが並べられています。手番の順に一人ずつ1〜3枚(任意の枚数)のカードを手札から出して並べます。どんどん出して手札を減らした方が有利なときもありますが、後半手札が少ないため選択肢がなくて困ることもあります。
カードにはマイナス点のカード(赤いカード)と、プラス点のカード(緑のカード)のほか、プラスであれマイナスであれ得点が倍になるカード(×2)があります。
列のカードが5枚になったら、その列のカードをすべて受け取ります。これらのカードが得点(または失点)となります。つまり、プラス点の方が多い列なら積極的に取りたいし、マイナスカードの多い列は誰も取りたがりません。しかし、ゲーム終了までにはほとんどの列が取られますので、マイナス列も取らざるをえなくなるのです。
どの列を狙うか、手番に何枚カードを使うかなど、戦略を駆使して高得点を狙います。

プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:30分
対象年齢:10歳以上
デザイナー:Wolfgang Kramer
販売価格 1,500円(内税)
在庫数 残り2点
購入数


Top