パッチワーク:冬の贈り物

極上のパッチワークキルトを作り上げましょう!
パッチワークは、布片を縫い合わせて大きな布を作る手芸です。昔は余った布切れを使うために、この方法で衣服やテーブルクロスを作っていましたが、今日ではデザイナーが高級な布片で布を創りだす芸術となっています。特に不規則なかたちの布片で作ったパッチワークは真の芸術作品となり、今日たくさんの芸術家が取り組んでいます。

『アグリコラ』 のウヴェ・ローゼンベルクによるこのゲームは、9×9マスのゲームボード上に、より素晴らしいパッチワークキルトを作ることを競う2人用のボードゲームです。毎ターン、プレイヤーはランダムにぐるりと配列された布地タイルの中で、コマの置かれている所から時計回り方向で3つ先までの布地タイル1枚を選んで獲得し、そこにコマを進めるか、パスをします。
布地タイル1枚を獲得するときは、その代価としてボタンを支払います。そして、獲得した布地に描かれている「時間」の分だけ、時間ボード上の自分のコマを進め、その布地を自分のゲームボードに配置します。時間が遅れているプレイヤーが常に自分の手番をプレイし、相手を追い越した時点で相手の手番となります。
パスをすることでボタンを獲得できますが、代わりに自分の時間を相手より先に進めなければなりません。このボタンのコストと時間のコストに加え、布地にはそれぞれいくつかボタンが描かれており、一定の時間が進んだら自分のゲームボード上のボタンの数だけ、ボタンを獲得できます。
時間とボタンと適切な布地をうまくやりくりすることで、素敵なパッチワークキルトを作り上げたプレイヤーが勝利します。

「パッチワーク:冬の贈り物」は、遊び方は「パッチワーク」と同じですが、アートワークが冬のギフトシーズン用に変更され、付録にパッチタイル形のクッキー型が付いています。

プレイ人数:2人
プレイ時間:30分
対象年齢:8歳以上
デザイナー:Uwe Rosenberg
販売価格 3,300円(内税)
在庫数 残り2点
購入数


Top