キャントストップ 日本語版

 1960 年代より活躍し、アレックス・ランドルフと並び称された現代ボードゲームの父、シド・サクソンの代表作の1つです。1980 年の発売以来非常に人気が高く、ダイスゲームの決定版とも言われる作品です。
 盤上には2から 12 の数字が振られた 11 本のレーンがあります。各自レーンにつき1個のマーカーを持っています。ゲームの目的は、各レーンで自分のマーカーを一番早くゴール(一番上のマス)に到達させることです。最初に3レーンでゴールしたプレイヤーの勝ちです。
 手番では4つのサイコロを振り、レーンを進んでいきます。ただし手番中は自分のマーカーは使いません−手番用の3つのポーンを使って、自分の進行を示します。振った4つのサイコロを2個ずつに分け、それぞれで 2 〜 12の目を作ります。作った目に対応するレーンにポーンを置きます。そして、普通のゲームとは異なり、サイコロを1回振って終わりではありません−何回でも、何回でも振れるのです!既にポーンを置いてあるレーンの数の目を再び作ったら、ポーンを1マスゴールに向けて進められます。新しい数を作ったら3個目のポーンを置きます。毎手番、最大3レーンを進めていけるのです。手番終了の形は2つあります。まず自分で手番完了を宣言した場合−手番成功です。3つのポーンを自分のマーカーに置き換え、セーブします。次の手番以降、このレーンの新たなスタートはこのマスになります(以降そのレーンでは、ポーンは自分のマーカーの上のマスからスタートするのです)。もう1つが、ダイスを振った結果、どのように振り分けても、置かれた3つのポーンのレーンの数を1つも作れない場合−手番失敗、強制終了です!どれだけ
ポーンが進んでいても無駄となり、無慈悲にポーンを取り除きます。
 「きっともう1回出るでしょ!」と期待して、強気にサイコロを振っていかなければ勝てないのですが、3つの数が
作れなかったら水の泡。もう1回振るか、やめるか?やみつきになるゲーム、これがキャント・ストップです。

原題 : Can’t Stop
作者 : Sid Sackson(シド・サクソン)
アートワーク : ママダユースケ
プレイ人数:2〜4人
対象年齢:9歳以上
プレイ時間:30分
販売価格 3,300円(内税)
在庫数 残り4点
購入数


Top